バレンタインデーの義理チョコについて

バレンタインの義理チョコ

一言で義理チョコと言っても会社の上司や異性の友人、家族など種類はさまざま。「義理チョコなんていらない」なんて方もいるそうですが、もらうと意外とうれしいみたいですよ!どうせなら、相手の笑顔が見られる義理チョコを贈りたいものです。

義理チョコ平均購入予算1個あたり 617円 マクロミル調査 (2006)

義理チョコの始まり

昭和50年前後頃までは、本命の男の子にしか贈られていなかったバレンタンチョコ。
昭和50年代後半頃から、顔見知りの男の子や会社の同じ部署の男性社員に大量にバレンタインチョコを配る習慣が出てきました。その為に一人が購入さするチョコレートの量は大幅に増えました。
「義理チョコ」の中には「義理チョコ」を装って、本命の男性に配るという目的の「偽装義理チョコ」もしばしばあるようです。

義理チョコのおすすめチョコ

お世話になった方 会社の上司へのおすすめ

ロイズ : 生チョコレート[山崎シェリーウッド] ロイズ : 生チョコレート[山崎シェリーウッド]
ロイズのチョコレートをもらって文句を言う人はいない?と思います。お酒好きの上司のかたなどには、シングルモルトウィスキーが入ったロイズの生チョコレートはいかがでしょう。バレンタインまでの期間限定商品なので、プレミアムどもアップ。
ロイズ : 生チョコレート[山崎シェリーウッド] テオブロマ : ショコランジュ
人気の名店「テオブロマ」のショコランジュ。スペイン産のオレンジの甘酸っさとチョコレートの苦みのハーモニーがすばらしい。パッケージもおしゃれで、大人なチョコレートです。

かわいいお子様へのおすすめ

スマイリー スナックディスペンサー スマイリー スナックディスペンサー
かわいらしいスマイリーのスナックディスペンサー。黒いレバーを押すとチョコレートが出来きます。チョコがなくなってからも、十分に遊べる商品です。

お父さんやおじいちゃんへのおすすめ

ロンシャン : 生チョコ焼き ロンシャン : 生チョコ焼き
ンシャンは、家族で経営する小さなケーキ屋さんです。さまざまな雑誌でも紹介されています。ロンシャンの生チョコ焼きは、チョコケーキでもなく生チョコでもない食感はフワフワなのに味わい濃厚。お世話になっているおじいちゃんへバレンタインの贈り物。

味はどうだっていい!? うけねらい!とにかくインパク勝負!!

タクマ食品:いかチョコ タクマ食品:いかチョコ
ネーミング、パッケージデザインはさることながら、なんと言っても「味」にインパクトがあります。この商品は本当に、気のあった友人意外は贈らない方が良いと思います。ただ、話題性は抜群です。次の記事を読んでからご購入をお考えください。いかチョコに関して