バレンタインデーの由来をご紹介。バレンタインデーを知れば知るほどバレンタインデーを楽しめる?!

バレンタインデーの由来

時代は3世紀、場所はローマ。時の皇帝により、若者は結婚を禁じられていました。兵隊となり、戦争に出向く彼らがただ国のために命を捧げられるように。愛する家族、守るべき家庭は戦場でで戦い抜く意志をゆるがすから。

キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い、密かに結婚させていました。皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、バレンタインは処刑されたのです。

このバレンタインの処刑された日が2月14日。

時は流れ、200年後のローマ。2月14日には、独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというお祭りが行われていました。風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために命を落とした、かのバレンタインでした。

それ以降キリスト教で2月14日は、恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着します。

というのが一般的にいわれているバレンタインデーの由来でしたが、諸説あるようです。現在では15世紀頃に恋人の要素が付け足され、バレンタインが恋人の守護聖人になったとも。

日本でバレンタインデーが本格的に広まるのは1970年代。
1950年代に入ってから、製菓会社やデパートなどでいろいろと行われたキャンペーンや広告などによって、"女性から愛する男性へチョコレートを贈る日" として定着していきました。

そして、現代。今年のあなたのバレンタインデーは?

聖バレンタインってどんな人?

バレンタインデーは、バレンタインという名前のキリスト教の聖人に由来しています。

聖バレンタイン

聖バレンタインは、3世紀頃ローマに実在したキリスト教司祭かつ医師です。当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、兵士が家族を恋しがって軍の志気が低下しないようにという強引な理由で、兵士たちの結婚を禁止していました。

聖バレンタインは、結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸して密かに結婚式をとり行なっていましたが、これが皇帝の知るところとなり、さらに高まるキリスト教迫害の気運もあって、ついに269年(270年という説もある)2月14日に処刑されてしまいました。処刑される前に、女性に宛てた手紙に "From Your Valentine" と書き残したと伝えられています。これ以外にも、イタリアのテルニという場所に同名の司祭がおり、この人物こそがバレンタインデーの起源だという説もあります。しかし、エピソードの内容が非常に似ていることから、本来同一人物だったが、伝えられていくうちに別々の人物のようになっていったのではないかともみられています。

日本と西洋では、バレンタインデーはどう違う?

日本では、女性が男性にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーですが、西洋では男女双方が想いをよせる人にカードを送り、チョコレート、花などの贈り物をする。もちろん義理チョコなどはありません。

日本で最初にバレンタインデーの広告を出したのはモロゾフで、なんと戦前の1936年のこと。オーナーの知人でアメリカ人新聞記者が欧米のバレンタインの習慣を紹介したのがきっかけだといわれています。その後デパートが "恋人に贈り物をする日" として宣伝したことはあったが、さほど定着しませんでした。

戦後、日本のバレンタインデー再出発は、1958年(昭和33年)。メリーチョコレートの営業主任がヨーロッパの知人からバレンタインの話を聞き、東京・新宿の伊勢丹デパートで "バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう" というキャンペーンを行いました。このキャンペーンこそ、女性から男性へという日本独特のバレンタインの起源。メリーチョコレートによると、"女性から" とした理由は、デパートで買い物をするのは圧倒的に女性だったことと、当時の風潮を受けたものだといわれています。昭和33年前後の日本では、アメリカのウーマン・リブ運動の影響を受けて多くの女性誌が創刊されるなど、"女性ももっと意見を。恋愛においても女性がイニシアチブをとりましょう" という時代のムードがあったのです。

その後、日本チョコレート・ココア協会が、2月14日を "チョコレートの日" と制定し、デパートなどの流通業界も加わって大々的にチョコレート商戦を繰り広げたため、1970年代後半から定着し始め、今日に至っています。

チョコレートと恋愛、どういう関係があるの?

ヨーロッパのチョコレートの TV コマーシャルには、セクシーな男女がダンスをするといった、日本人から見るとちょっと面くらうようなアダルトムードいっぱいのものも多い。

もとを辿れば16世紀、スペインのフェルナンド・コルテスがアステカ帝国(現在のメキシコ)からカカオ豆を持ち帰り、それが恋の媚薬としてヨーロッパ上流階級に広まったことに起因しています。この歴史的背景のために、今でもチョコレートが恋愛と結びつけられているというわけです。

迷信と思いきや、性的に興奮した際に脳内で分泌される物質が、カカオにもたくさん含まれていることがわかったという最近の研究もあります。

ちなみに、チョコレートを歴史的にたどってみると:
もともとは、カカオ豆をすりつぶしたドロドロした液体だった(カカオ豆は、カカオの実の中にある種のこと。カカオの実は、20センチぐらいのラグビーボール状で、白てく甘い果肉があり、ひとつの実の中には30〜40粒の種がある)。健康効果の高さから、アステカ帝国では不老長寿のありがたい高価な薬とされ、王侯貴族が愛飲していたといわれています(植物学名はTeobroma Cacao:神さまの食物)。

16世紀、カカオ豆を持ち帰ったスペインでも、最初は飲み物として上流階級に広まり、17世紀にはイタリア・オランダ・フランス・イギリスにも伝わった。飲むと体が温まるなどの理由から、健康飲料とも、恋の媚薬ともいわれ、当時のヨーロッパ人にとってチョコレートは、庶民の口には入ることのない高価で神秘的な飲み物であった。

1828年には、オランダのヴァン・ホーテンがチョコレートを飲みやすくする技術を開発し、現在のココアができた。最初の固形チョコレートができたのは1840年頃で、現在のようなミルクチョコレートができたのは1876年のこと(スイス人のダニエル・ピーターによる)。日本でチョコレートが初めて製造されたのは1877年(明治10年)頃。第二次世界大戦で一時生産が止まったものの、1950年(昭和25年)頃には再開された。